法人のメリットデメリット

法人として起業する際の面倒な点として、真っ先に挙げられるのは法人税や法人市民税などといった、法人のみにかかる税金が非常に多く、その作業が煩雑であるということはあげられるかもしれません。なお、決算をいつ行うかというところは好きな時期に決めるところができるようです。そして、初期費用が個人事業主と比べて比べ物にならないぐらいかかるということも、覚えておく必要があるでしょう。会社を立ち上げる場合には、資本金はもちろんのこと、設立にも時間がかかり、特に、株式会社の立ち上げには、数十万円が必要になるということも、決して珍しくはありません。そして、個人事業と大きく違うのは、たとえ赤字であったとしても、法人住民税などの税金がしっかりとかかるということも、覚えておく必要があると言えるでしょう。しかしデメリットばかりではなく法人のメリットとしては社会の信用を個人事業主よりも受けやすいため、資金調達が非常に有利であるということはまず言えるかもしれません。事業をすぐに拡大したいという風に考えている人はしっかりと準備をした上で法人を立ち上げて起業するのが適していると言えなくもないのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です